薬薬連携|Dr.JOY株式会社 – Dr.JOY株式会社

薬薬連携|Dr.JOY株式会社

導入事例

大田区薬剤師会 様

原土井病院 様

※院外グループ機能を活用した薬薬連携の事例です

  • 薬薬連携はオンラインの時代へ

    FAXや電話の場合は、業務が中断になる。また、電話の場合はメモを取りが必要。聞き間違いも発生する

  • 採用薬/在庫薬の相互閲覧

    病院薬剤部と調剤薬局間で採用薬/在庫薬を相互に閲覧し確認できる

  • トレーシングレポート機能

    調剤薬局側は提案のハードルが下がり、病院薬剤部に有益な患者情報が集まり易くなる

  • やり取りの可視化

    担当者間だけでなくチーム内で共有されるので、経験が全員に蓄積される

  • テンプレート機能

    入力項目をテンプレート化し、手間を省く

  • 疑義照会プロトコル機能

    調剤薬局へ周知しやすくなり、形式的な疑義照会を減らすことができる

  • 自動集計機能

    項目別に自動集計されるので、連携の改善ポイントが明確になる

  • 強力な検索力

    FAXだと検索できなかった過去の照会記録を簡単に検索できる

  • 対面コミュニケーションの補完ツール

    合同勉強会などの質が高まり連携が強化される

  • VPN接続により完全にセキュアな環境下で薬薬連携を利用

    ※VPN接続を利用する場合は別途OSの設定が必要

  • 無料でご利用可能

    一部機能を除き「初期費用0円」「ランニングコスト0円」で始めることができる

アプリも使ってみてね